研修・教育

教育理念

兵庫あおの病院看護部の理念や基本方針を理解し、患者さま一人ひとりを尊重し、「心のかよう、やさしい看護」が提供できる自立した看護師の育成を目指します。

教育目標

  1. 看護の専門知識や技術を習得し、質の高い看護を提供できる看護師を育成する。
  2. 専門職業人として自らの行動に責任を持ち、倫理観に基づいた看護が実践できる看護師を育成する。
  3. 円滑な人間関係を築き、他者と協調しながら協働できる看護師を育成する。
  4. 主体的に学習・研究に取り組み、科学的かつ創造的な看護を追及し続ける姿勢を育む。

看護職員能力開発プログラム「ACTyナース」とは

「ACTyナース(アクティ ナース)」とは、「技術(Art)」と「理論(Theory)」をもって、「創造(Create)」し、行動する看護を目指すための国立病院機構独自の能力開発プログラムです。

この「看護職員能力開発プログラム」は、新卒後1年目から中堅看護師を対象とし、国立病院機構が求める高い看護実践能力と看護を言語化できる能力を持つ看護職員の育成を目指します。

看護部 研修・教育内容のご案内

兵庫あおの病院の教育プログラムの紹介

2019年度 看護職員研修計画

看護部 研修・教育内容のご案内

研修風景

キャリアアップ研修

兵庫あおの病院の院内認定重心看護師制度は、重症心身障害児(者)看護において特定専門領域研修(院内認定コース)を受講し、その分野において熟練した看護知識と専門性の高い知識を習得した看護師の育成を目的としています。

目的

重症心身障害児(者)の特徴を踏まえ、熟練した看護技術と専門知識を用いて質の高い看護を実践することができる。

目標

  1. 患者のQOLの維持を目指して、個別性、専門性の高い看護を実践する能力を育成する。
  2. 専門知識と実践力を基盤として、看護スタッフ(看護学生含む)の指導、相談を行うことができる能力を育成する。
  3. 主体的に臨床実践能力向上に取り組む姿勢を育成する。

設定分野

(1)摂食・嚥下 (2)呼吸管理 (3)行動障害 (4)排泄ケア

教育担当看護師長からメッセージ

「個々の看護師に合わせた看護実践能力向上を目指して」

看護部の教育は、国立病院機構の看護職員能力開発プログラムVer.2に沿った、ラダー(能力習得段階別教育・評価)に合わせて実施しています。

ラダーの目的は、一人ひとりの看護師の看護実践能力の習得段階を評価し、看護実践能力のレベルアップを図り、看護の質を高めることにあります。

看護体験を通して各自の実践能力を認識・評価することを重視し、看護部の理念である、「心の通う、やさしい看護」が実践できる看護師に成長できるように支援していきます。

プリセプター・新人ナースからひと言

4年目看護師 Y.H

「共に歩み、共に悩み、そして成長できる関係でありたい」

「僕はプリセプターとしてTさんの一番の味方でいるから、些細なことでも何でも相談してきてね。」 初めてプリセプティと出会った日にそう声をかけました。
私自身、一年目の頃、不安や緊張、責任感でいっぱいでした。そんな時、先輩からもらった言葉にとても勇気づけられました。だからこそ今度は私が、良き相談相手、サポーター、そして先輩看護師モデルになりたいと考えています。
そして今、一緒に学習し、看護に取り組むことで共に成長できることに大きな喜びを感じています。

平成30年入職 I.M

就職して5か月が経ちました。
4月には日々新しい事を覚えることがたくさんあり、大変でしたが先輩方に丁寧にわかり易く指導していただいています。
病棟にも大分慣れてきましたが、日々新しいことを学ぶ毎日でその時の患者様の状態に合わせて看護を行うことは改めて大変だと感じています。
業務を行いながら患者様とコミュニケーションをとることは大変だと思う時もありますが、患者様の笑顔を見たり感謝の言葉を頂いたりするととても元気が出ます。

平成30年入職 U.M

「共に笑顔になれる関わりを大切にしています」

入職して5カ月が経ち、少しずつ環境に慣れてきました。できないことも多く、先輩方に助けていただきながら毎日頑張っています。
重症心身障がい児(者)病棟という特殊な病棟ですが、言葉で上手く表せない患者様自身の思いを、表情などの少しの変化から感じ取れるよう日々関わっています。
学生時代とは異なり、看護師として自身の関わり方が患者様に与える影響、責任を自覚し看護を行うことは大きな緊張を伴いますが、毎日笑顔で頑張っています。